(news)2003年9月28日

ドラム解体(第3部)

(第1部)故障個所確認!(第2部)必要部品回収!に続いて、
(第3部)修理完了の巻です!
「西武自販」にすらなかった極超レアな専用工具もご覧頂けます!!!

第1部
その1) (その2) (その3) (その4) (その5) (その6
第2部
その1) (その2) (その3) (その4) (その5) (その6) (その7
第3部
(その1) その2) (その3) (その4) (その5) (その6

すでに、この1ヵ月ばかりの間に、これで5箇所目の

ドラムバラシです!リングナットやロックナットを外した

回数は二桁いってますので、流石に、今日で決めたい

ですね。(第2部)の時に出て来た、プレートは、

きちんと専用工具として加工終了しました。

黒い線に見えるところは、ゴムのグリップです!
柔らかいサスな上に、ストロークが長いので、

片輪上げるとこんな感じです。
第1部終了後、また外すことが決まっていたので、

ホイールキャップは、付けていませんでした。
今日は、サクサクッと終わりにますよー!
始めに、ドラムブレーキの専用工具を

使用してみることにしました。

1)まずは、写真の丸い板を取り付けます。
トルクをかけた時に、ドラムが動かないように、

棒のプレートも装着しました。

2)1で付けた丸板の中央に、リングナットに合わせた

爪のついた部品を入れます。(コレと上の写真を

見比べるとお解りになるでしょう。)
3)これに、もう一つ部品(矢印)を加えます。

青矢印も赤矢印も一番右の六角の部分も

一体成型です。
4)そして、その4の部品を固定する為の

メッキされた部品を締め込みます。
締めこみ完了!
5)最後に、ピンを入れてロックします。

これで、前段階の準備完了です。


第1部
その1) (その2) (その3) (その4) (その5) (その6
第2部
その1) (その2) (その3) (その4) (その5) (その6) (その7
第3部
(その1) その2) (その3) (その4) (その5) (その6